乱視の特徴的な症状はものが二重に見えることです

乱視になると像を結びつける焦点がないわけですから、遠いところも近いところもはっきり見えません。特徴的なのはものが二重に見えることです。

これは斜視の症状とも似ていますが、違いは普通の斜視は片目だと正常に見えるのに対し、乱視の場合は固めでも二重に見えるという点です。ものの一部がかすんだりゆがんだりすることもあります。

水晶体というのは非常に柔軟な働きをしてくれるレンズですから、ある程度の異常なら何とかやりくりして、ほぼ正常に近い像を得ることが可能です。したがって、軽い乱視であれば症状が表に出ないこともあります。

しかし、内部的には常に余計な負担を抱えているわけで、それが疲労の症状となって現れてきます。乱視があると、頭痛や目の疲れなど眼精疲労が生じやすいのはそのためです。

関連記事
乱視の原因 乱視の矯正