ぶどう膜炎に関する記事の一覧

虹彩、毛様体、脈絡膜の3つをぶどう膜といいます。これらの部分に起こった炎症をぶどう膜炎と総称していますが、虹彩とその周囲の炎症を虹彩炎、虹彩と毛様体の炎症を前部ぶどう膜炎(虹彩毛様体炎)、脈絡膜の炎症を後部ぶどう膜炎と分類しています。

いずれの炎症でも、まぶしさ、目のかすみ、充血、痛みなどの症状があります。

ぶどう膜炎とは?

ぶどう膜とは、虹彩、毛様体、脈絡膜の3つで構成された組織の総称です。ぶどう膜は、色素や血管が多く存在する組織で、瞳から入る光の量を調節し、眼に栄養を供給する役目を持っています。ここに炎症が起こるものを総称してぶどう膜炎といいます。

ぶどう膜炎の原因

原因疾患は数十種類以上ありますが、よく知られているのはベーチェット病、サルコイドーシス、原田病、梅毒、トキソプラズマなどの感染症などです。

ぶどう膜炎の症状

目のかすみや視力低下、飛蚊症、結膜充血、視野中心部の欠損などが現れます。

ぶどう膜炎の治療

炎症を抑えるために、まず副腎皮質ホルモン薬(ステロイド)などの点眼薬が処方されます。原因病によっては感染防止の抗菌剤や抗ウイルス剤、免疫抑制剤なども使用されます。

ステロイド薬の注意点

ステロイド薬はぶどう膜炎に対してたいへん有効な薬ですが、さまざまな副作用があり、とくに内服薬の場合には、目以外にも体の副作用が出る可能性があります。