視野検査ではものが見える範囲を調べます

網膜の感度をコンピューターで測る自動視野計

視野とは、中央の一点を見つめたときに見える範囲をいいます。視野は、眼に入ってくる色や明るさなどによって見える範囲が変わります。そこで視野検査では、見える範囲とともに感度も調べます。検査は片目ずつ行います。

視野検査は、緑内障のほか、脳腫瘍や視神経の炎症、網膜剥離など、視野が欠ける病気の診断や、治療効果を判定するときに行います。

検査に使う器械は、次の2種類があります。光を使う検査ですので、暗い部屋で行います。

ゴールドマン型視野計
半球形のドームの中心を片方の目で見つめます。その状態で、視野の外からドームの中心部に向かって移動してくる光の点が、どのあたりで見えたかで視野の範囲を測定します。

光の点が大きく明るい場合は広い範囲で見えますが、暗い小さな点だと見える範囲は狭くなります。検査では、段階的に暗く小さな点に変えて視野の範囲を調べていきます。

自動視野計
コンピュータを内蔵した測定器で、最も広く使われているのがハンフリー視野計やオクトパス視野計と呼ばれるものです。ゴールドマン型と異なりドーム内に現れる光は動きませんが、明るさが変化します。どれくらい光が見えるかを測定するもので、患者さんは光が見えたらボタンを押します。

こうして記録されたデータをもとに、検査を受けた人が正常範囲内にあるかどうかといった情報や、視野のどの部分が見えなくなっているか、その程度はどうかなどを客観的に判断できます。

関連記事
視力測定 細隙灯顕微鏡検査 眼底検査 眼圧検査 シルマーテスト 網膜電図 超音波眼球検査