眼圧検査は緑内障の診断に欠かせません

空気眼圧計です

眼圧とは、眼の中の圧力のことです。眼圧検査は、眼球を外から押してみて、その押す力に対して眼球から押し返す力(内圧)を調べるものです。

高い眼圧は視神経を侵し、視野が欠けたり視力が低下していきます。眼圧は緑内障と深くかかわるため、検査は緑内障の診断には欠かせません。

眼圧の基準値は10〜21mmHgです。緑内障が疑われるときは、まず眼圧をはかり、引き続いて視野検査眼底検査を行います。ただし眼圧が基準値にあっても、視神経が侵される正常眼圧緑内障(日本人はむしろこのタイプが多い)がありますので注意が必要です。また眼圧が低い場合は、網膜剥離や脈絡膜剥離などが考えられます。

眼圧検査には、圧入式と圧平式があり、一般的に行われているの圧平式です。圧平式とは、角膜に圧力を加え、角膜が平らになるのに要する力から眼圧を測定する方法です。一方、圧入式とは、角膜に一定の力をかけて押し、できたへこみの深さから眼圧を測る方法です。

ゴールドマン眼圧計
圧平式の中でも、最も精度の高いのが、接触型のゴールドマン眼圧計です。測定器の前に座って測ります。角膜の面積だけにかかる圧力を正確に計測できます。

細隙灯顕微鏡に組み込まれているチップを角膜にあててはかります。検査の目には麻酔薬を点眼しますので、チップが触れても痛くありません。測定は数秒ですみます。

空気眼圧計
非接触型の圧平式眼圧計です。角膜に直接触れず、空気を吹きつけて測定する方法です。麻酔の必要がなく、医師でなくても検査ができます。また、目に触れることがないので感染の危険性がないところも優れています。

ただし接触型と比べると、精度が落ちます。空気眼圧計は人間ドックなどで、眼圧が高いかどうかをスクリーニングするときに使われるのが一般的です。

シェッツ眼圧計
圧入式の眼圧計で、以前は一般的な眼圧検査法でしたが、現在は、子供や寝たきりの人に用いられる程度です。仰向けに寝て点眼麻酔をし、眼圧計を角膜の上にのせて測定します。

関連記事
視力測定 視野検査 細隙灯顕微鏡検査 眼底検査 シルマーテスト 網膜電図 超音波眼球検査