細隙灯顕微鏡検査 スリットランプを当て眼球を観察します

装置に顎と額を固定し、眼球にスリットランプをあてます。

細隙灯(さいげきとう)顕微鏡という装置によって眼球を観察する生体検査で、眼科の検査の中では、視力、眼圧、眼底とともに、基本的かつ重要な検査です。

検査は、細隙灯というスリットランプからの細い光で眼球の各部を照らし、それを顕微鏡で拡大して見ます。結膜、涙点から角膜、前房、虹彩、瞳孔、水晶体、硝子体などの組織を観察し、肉眼ではわからない眼球内の異常を見つけ出します。

検査を行うときは、患者は装置の前に座り、あごを台に載せて額を固定します。医師は光を眼球にあて、顕微鏡を通して観察します。光を使いますので、この検査は暗い部屋で行います。

なお細隙灯顕微鏡は、眼圧や眼底検査にも使う場合があります。また、コンタクトレンズのフィッティング状態を調べるときにも使用することがあります。

特殊レンズで隅角検査
隅角とは、角膜と水晶体、虹彩で囲まれた前房のうち、角膜と虹彩に挟まれた部分をいいます。隅角は房水の排出路のようなところですので、ここが狭くなったり、排出口のフィルター(線維柱帯)が詰まると房水の流れが滞り、眼圧が上がってきます。隅か区検査は、緑内障の診断には非常に大切になります。

隅角検査は、鏡がついた特殊なレンズ(隅角鏡)を使います。麻酔薬を点眼して、隅角鏡を角膜に乗せ、細隙灯顕微鏡で観察します。この検査によって、前房隅角の形や状態ばかりではなく、硝子体や眼底も、細かく観察することができます。

関連記事
視力測定 視野検査 眼底検査 眼圧検査 シルマーテスト 網膜電図 超音波眼球検査