視力測定では視力が1.0以上であれば正常と診断されます

おなじみの検査ですね

視力測定は、眼のものを見る能力を調べる最も基本的な検査です。視力検査は誰もが学校や会社の健康診断、また免許証を取得するときなどに何度か体験していると思いますが、眼科ではより詳しく時間をかけて調べます。

測定の方法は、標準照度200ルクスの明るさの下で、輪に切れ目を入れた「ランドルト環」と呼ばれる大小の絵図を5メートル離れた距離から見て、輪の切れ目の位置を正しく答えられるかどうかで視力の能力を判定します。

視力には裸眼視力(眼鏡をかけない視力)と矯正視力(眼鏡をかけた視力)の2種類がありますが、検査ではまず最初に肉眼で左右の目を交互に調べ、視力が1.0以上であれば正常と診断します。1.0に満たないときはレンズを段階的に用いて矯正し、最終的に正常値を調べます。

視力検査を受ける前は、あまり眼を酷使しないことが大切です。特に徹夜明けなどの場合は、眼がかなり疲労し、生理的にも視力が落ちていることが考えられるので、正しい視力検査ができない恐れがあります。

また、眼鏡をすでに常用している人は、近視、遠視、乱視、老視など、レンズの種類を事前に医師に告げておくと検査もスムーズです。

関連記事
視野検査 細隙灯顕微鏡検査 眼底検査 眼圧検査 シルマーテスト 網膜電図 超音波眼球検査