眼の検査について

検査の最大の目的は、眼に起こる異常の原因を詳しく調べ、病気を予防して治療に役立てることです。検査の種類は、基本的な一般検査と病状に応じて特別に行う特殊検査があります。
検査を受けるときは、医師の指示に従って正しく受けましょう。

視力測定

視力には裸眼視力(眼鏡をかけない視力)と矯正視力(眼鏡をかけた視力)の2種類がありますが、検査ではまず肉眼で左右の目を交互に調べ、視力が1.0以上であれば正常と診断します。

細隙灯顕微鏡検査

細隙灯(さいげきとう)顕微鏡という装置によって眼球を観察する生体検査で、眼科の検査の中では、視力、眼圧、眼底とともに、基本的かつ重要な検査です。

視野検査

視野検査は物を見る範囲が正常に働いているかどうかを調べる検査です。網膜や視神経などの機能を正確に知ることができるので、視野の異常が考えられる網膜剥離や緑内障を診断する上で欠かせない検査です。

眼底検査

網膜疾患、視神経疾患などの眼の単独検査はもちろん、糖尿病、高血圧、高脂血症、脳内血流動態異常など全身疾患の合併症の病状までも把握することができます。

眼圧検査

最も普及しているのは、ゴールドマン眼圧計と呼ばれる角膜に接触するタイプですが、人間ドックなどでは、非接触タイプの空気眼圧計が、スクリーニングとして用いられることが多いです。

神経線維層厚測定

共焦点走査型レーザー検眼鏡によって視神経乳頭周囲の神経線維層の厚みを測定する検査で、緑内障の変化を極めて初期の段階から診断することができます。

シルマーテスト

シルマーテストは、涙の量を測定する、ドライアイを診断するために欠かせない代表的な検査法です。ドライアイは、涙の量が不足して起こる病気で、診断には涙液が正常に分泌されているかどうかを調べることが重要になります。

網膜電図(ERG)

白内障の術前検査などに用いられます。コンタクトレンズ電極を、点眼麻酔してから装着し、光の刺激を与えて得られる網膜の微小な電気反応を、増幅器で増幅して記録します。

超音波眼球検査

眼球の各組織から戻ってきた超音波の強度分布を画像化して、正常組織との差を鑑別します。白内障が高度に進んで、水晶体より後方の硝子体、網膜の病変が検眼鏡で見えないときには、必須の検査法となります。