ビタミンEは加齢黄斑変性の発生と進行を抑えます

強い抗酸化作用がある脂溶性の物質です。数あるビタミンの中で、βカロテン、ビタミンC、Eは活性酸素が体内で発生するのを防いだり、過酸化物質の生成を防ぐなど、高い抗酸化作用を持っており、この3つを併せてビタミンACE(エース)と呼ばれています。

抗酸化作用以外に、血液の流れをスムーズにする働きや新陳茶医者を活発にする効用も大きな特徴です。このため、加性黄斑変性症を予防するために黄斑部の動脈硬化を抑え、その血流を改善して、加齢黄斑変性の発生と進行を抑えることが認められています。

また、網膜の血管硬化を抑え、網膜の血流を改善する効果があり、糖尿病網膜症の治療にも使用されています。

摂取基準は1日10mg程度ですが、体に発生するフリーラジカルを消去し、目と体の老化を食い止める目的の摂取であれば、1日100〜200mgを目安にビタミンEをとることが奨められます。

関連記事
ビタミンA ビタミンB ビタミンC カルシウム マグネシウム 亜鉛 ナトリウム ルテイン アントシアニン リコピン アスタキサンチン コンドロイチン硫酸