眼によい栄養素に関する記事の一覧

目によい食べ物といえばブルーベリーが有名ですが、目によい栄養素といえば、ビタミンです。特にビタミンA、C、E、B群は積極的に取りたい栄養素です。

ビタミンAは、目の細胞や粘膜の新陳代謝を保つのに欠かせません。ビタミンCは、若さを保つビタミンとして知られていますが、目の水晶体の透明度を保つ働きがあるので、白内障の予防に効果的です。

ビタミンEは動脈硬化を防ぐので、生活習慣病による合併症の予防に役立つでしょう。これらはセットで摂ることで、互いの効果を高めます。ビタミンB群には、目の疲れを回復したり、充血を鎮めたり、視力低下を防ぐといった働きがあります。

アントシアニン

疲れ目を予防・改善するはたらきを持っておりサプリメントとしても人気です。近年は糖尿病性の網膜病変の改善効果も臨床試験で確かめられています。

ルテイン

ルテインが不足した場合は、紫外線や老化などによって黄斑が破壊され、視力を失う危険性もある黄斑変性のリスクが高まります。

ビタミンA

ビタミンの中でとくにビタミンAは目との関係が深く、角膜や網膜の細胞、粘膜をを正常な状態に保ち、涙の量を一定に保つなど、目を活性化させる働きがあります。

ビタミンB

ビタミンB1とB12は視力低下を防ぎ、目の疲労を軽減させる作用があります。しかし、体内に貯蓄できないため、必要量を毎日、積極的にとることが大切です。

ビタミンC

ビタミンCは、水晶体の透明度を保つとともに、細菌などから目を守りリフレッシュさせる働きや、老人性白内障の予防効果も期待されています。

ビタミンE

強い抗酸化作用がある脂溶性の物質で、活性酸素が体内で発生するのを防いだり、過酸化物質の生成を防ぎます。加齢黄斑変性の予防や糖尿病網膜症の治療に効果があります。

カルシウム

眼球を包んでいる膜、角膜や、それとつながっている強膜の働きを助ける役割を果たしています。角膜や胸膜の機能が極端に衰えると、屈折異常や眼精疲労をもたらす原因となります。

マグネシウム

眼精疲労は精神状態と連動しているのですが、マグネシウムが不足すると、ちょっとしたことでイライラするようになり、それがストレスになって眼精疲労として跳ね返ってくるのです。

亜鉛

亜鉛に加えて、ビタミンCとEおよびβカロテンを併せて摂取すると、加齢黄斑変性の発生と進行を抑えられることがアメリカの大規模な調査でも認められています。

ナトリウム

縮瞳と散瞳の調節が上手くいかないと眼精疲労をもたらしますが、この原因の一つにナトリウム不足があげられます。健康な成人の場合、毎日5〜8グラムが摂取基準値とされています。

リコピン

トマトやスイカなど赤黄色野菜に含まれる赤や黄色の色素成分です。βカロテンと同様に活性酸素を取り除いて、視力保持し、目の粘膜を正常に保つという抗酸化作用があります。

アスタキサンチン

1日0.6mg以上というわずかな量でも効果があり、網膜にある黄斑部の障害を改善する効果があり、ルテインと同様にアスタキサンチンも網膜に存在する可能性が指摘されています。

コンドロイチン硫酸

角膜や水晶体に作用して透明度や弾力性を高め、眼精疲労の改善や老化による病気の予防に効能があることがわかっています。