レーシック手術は点眼麻酔からフラップの洗浄まで20分程度です

レーシックの方法は、医療機関ごとに異なりますが、大まかな手順は以下の通りです。

まず点眼麻酔をした後、開眼器具で眼が閉じないように広げます。角膜上にフラップ(ふた)の位置合わせのためのマーカーをつけ、眼圧を確認します。

その後、マイクロケラトームという特殊な器具を使ってを使ってフラップをつくります。そのときマイクロケラトームが角膜上を通過しますので一瞬見えなくなります。マイクロケラトームを装着してからフラップをつくり終えるまで10秒もかかりません。

フラップを作った後は、レーザー照射口に見える緑の点滅する固視灯をしっかりと見ます。フラップの暑さは角膜によって異なりますが、通常160ミクロンでつくります。

次にフラップをめくり、角膜の中心に合わせてからエキシマレーザーを照射します。このとき、固視灯はほとんど見えなくなりますが、できるだけ目を動かさないようにします。

レーザーの照射時間は矯正する近視、遠視、乱視の程度や、エキシマレーザーの照射方式によっても異なります。

照射が終わると、フラップを元に戻して角膜表面とフラップの内面を洗浄します。そして、フラップの余分な水分を追い出し、その切り口にぴったり合うように密着させて2〜3分間乾燥させます。

手術に掛かる時間は、両目を合わせても20分程度です。入院の必要もなく、手術を受けたその日に帰ることができます。

関連記事
レーシックとは? 適応検査 レーシックを受けられない人 術後の注意と検診