レーシックは視力を回復させるための屈折矯正手術です

レーシック(LASIK)とは、角膜にレーザーを照射して削ることにより、角膜の曲率を変え、視力を回復させる屈折矯正手術のことです。

この方法は、メガネやコンタクトレンズと違い、裸眼における視力を回復させるので、近視になる前の快適な生活を取り戻すことが可能です。

そのためレーシックはメガネやコンタクトレンズに代わる第三の選択肢として広く普及しつつあり、アメリカでは年間百万人以上がレーシック手術を受けています。日本国内でも2000年に認可を受けて以来、手術を受ける患者さんが急増しています。

ほとんど痛みがなく、手術時間も15分前後と非常に短く、入院の必要もありません。レーシックが必要とされるのは主に次のような方々です。

  • スポーツ選手や芸能人などメガネやコンタクトレンズの着用が職業上で邪魔になる人
    (タイガー・ウッズやブラッド・ピットがレーシック手術を受けているのは有名ですね)
  • ゴルフや野球、水泳など、スポーツを趣味を続ける上で、メガネやコンタクトレンズがわずらわしいと思っている人。
  • アレルギー性結膜炎ドライアイがあり、コンタクトレンズの装用にトラブルがある人。
  • メガネやコンタクトレンズを装用してパソコン作業を行なうと、眼が疲れて頭痛や肩こりに悩まされている人。
  • 左と右の視力の差が大きくて、不便を感じている人。

ただし、手術は誰でも受けられるわけではなく、適応検査で角膜の形状などの検査を行い眼科専門医が手術が可能かどうかを診断します。

また、中年以降の方は近視がなくなることより老眼になることを知っておく必要があります。時には術後に乱視を生じることがあります。

通常の眼科検査には保険が適用されますが、レーシック手術は保険が適用されません。メガネやコンタクトレンズと同じように自費扱いになります。

関連記事
適応検査 レーシックを受けられない人 手術の進めかた 術後の注意と検診