緑内障の検査の種類と特徴について

いくつかの検査を組み合わせて診断します

緑内障は、初期症状に気づきにくい特徴がありますので、定期的な検査が必要です。早期発見のためには、眼圧を測定する眼圧検査を定期的に受けるようにしましょう。視神経に障害が出るより先に病態を発見し、適切な治療を始められます。

緑内障の診断は、眼圧検査のほか、眼底の状態を見る眼底検査、視野欠損の症状が現れているかチェックする視野検査など、いくつかの検査を組み合わせて行われます。
近年では、緑内障の変化を極めて初期の段階でとらえる神経線維層厚測定も登場しています。

眼圧検査
点眼薬で目の表面に麻酔をして、ゴールドマン眼圧計という測定器具を、角膜に直接当てる方法。または、非接触の空気眼圧計で、空気を当てて測定する方法の2通りがあります。

いずれも痛みはありません。眼圧は一定ではなく、1日の内でも変化するので、できれば2〜3回通院し、時間などを変えて測るとよいでしょう。

眼圧が高いのに異常を起こさない人もいます。これは高眼圧症といわれ、普通の人より眼圧の限界がやや高い位置にあるのです。しかし、将来にも安心とは言い切れませんので、定期的に経過を見ていく必要があります。

逆に、一般的には正常値なのに、視神経が侵されてしまう正常眼圧緑内障の人もいます。

眼底検査
検眼鏡や眼底カメラを使って視神経(視神経乳頭部など)の異常を調べます。外側から目の奥に特殊な光をあてて観察する方法です。眼圧が上昇していると視神経の中央がへこみ、白く変色しますので、すぐにわかります。

視野検査
視野の検査は、ゴールドマン視野計という測定装置で、指標が見える範囲を測定するのが主流です。検査の際は、視線を1点に合わせ、その周辺の指標がどのくらいまで見えるか、見る感度がどのくらい高いかなどを調べます。これで視野の広さや欠損部がわかります。

コンピュータ操作の精密自動視野計は、視野の欠けた部分や、欠損状態が繊細に調べられますので、初期の段階に有用です。視野欠損は、最初は見えにくくなる程度ですが、進行すると暗点という見えない箇所が出てきます。

隅角検査
特殊なコンタクトレンズを装着し、細隙灯顕微鏡で房水の排出口である隅角の状態を調べます。

関連記事
緑内障とは? 緑内障の種類 緑内障の症状 早期発見が治療のポイント 緑内障の治療 点眼薬の種類と副作用 点眼薬の正しいさし方 眼圧を上昇させてしまう薬