こんな場合の飛蚊症は気をつけましょう

重大な病気が原因の場合もあります。

飛蚊症の浮遊物が急に増えたり、大きくなった場合は、重大な病気の可能性もあります。

頭部や目の痛み、光がチラチラ見える光視症のような症状が同時みられる場合も要注意です。進行すると視力障害や失明の危険性もあるので、一刻も早く受診してください。
次のような眼の病気のときに、飛蚊症が生じることがあります。

網膜裂孔・網膜剥離
加齢や強度の近視、疾患などが原因で、網膜列孔を起こすことがあります。網膜が裂けて孔が開くと、硝子体が濁り、飛蚊症が生じます。網膜裂孔から網膜剥離が起こると、視野が急に狭くなったり、視力を失うこともあります。

ぶどう膜炎
ぶどう膜炎の炎症が拡がり、硝子体内に炎症細胞が増えて飛蚊症が起こるものです。症状が悪化すると、濁りがひどくなり、ものを見るのも困難になります。ぶどう膜炎は重症に陥りやすい眼の病気です。

その他の原因
糖尿病や高血圧などで眼底出血を起こした場合や、網膜裂孔で血管が破れてしまい、硝子体出血を起こした場合にも、飛蚊症がみられます。

治療は、まず原因の疾患から行い、安静と止血剤などで出血を抑えて吸収させます。出血がひどい場合は、硝子体切除手術が行われます。

関連記事
飛蚊症とは? 生理的な飛蚊症 飛蚊症の治療