治療の必要がない生理的な飛蚊症

飛蚊症の浮遊物が急に増えた場合は、受診してください

生理的に硝子体が濁っているために起こる飛蚊症は、とくに治療の必要がありません。おもな原因は次のとおりです。

先天性のもの
生まれつき、硝子体が濁っているものです。普通は出生のころに澄んでいる硝子体の一部が、透明になりきれなかったものです。

後部硝子体剥離
通常、網膜と硝子体は密着しているものです。しかし、加齢やや強度近視によって、ゼラチン状の硝子体が液化してゆるみ、硝子体の高面が網膜から離れてしまうことがあります。これを後部硝子体剥離といいます。

後部硝子体剥離を起こした場合にも、剥がれた硝子体繊維のかすがユラユラ浮いて網膜に映り、飛蚊症の症状が現れます。

多くの場合は心配ないものですが、後部硝子体剥離から網膜裂孔が起こる可能性もあります。硝子体と癒着している部分の網膜が、剥離した部分の硝子体に引っ張られて、網膜に孔が開いてしまうものです。
これは危険な状態ですから、飛蚊症の浮遊物が急に増えた場合は、急いで受診してください。

関連記事
飛蚊症とは? 注意が必要な飛蚊症 飛蚊症の治療