目の前を小さな蚊がちらつく飛蚊症(ひぶんしょう)

糸くずやごみのようなものが浮遊して見えます

目の前には何もないのに、蚊のような小さな虫が飛ぶように見えたり、糸くずのようなものがふわふわ浮いて見えることがあります。目の動きと共にすうっと移動し、目の動きを止めても、なおあちこちを動き回り、しばらくするとまたもとの方へ戻ります。

まばたきしてみても、手で払いのけてもとれません。数が多い場合や、視線の方向に生じた場合は、見え方の邪魔をするので、うっとうしくて気になり、時にはひどく神経質になってしまいます。

これは飛蚊症といわれるもので、角膜が傷ついたり、ごみなどが付いていたりして見えるわけではありません。硝子体中に濁りがあり、その影が網膜上に映ったものです。

飛蚊症の多くは、加齢による生理的なものですから治療の必要もなく、心配は要りません。強度近視や打撲が原因で若い人にも起こることがあります。

一方で、重大な眼の病気の初期症状のこともあるので、浮遊物が急に増えたりした場合は、急いで受診してください。

関連記事
生理的な飛蚊症 注意が必要な飛蚊症 飛蚊症の治療