飛蚊症に関する記事の一覧

ある日突然、目の前を"蚊が飛ぶ"ような感じを受けることから名づけられました。硝子体の濁り、眼底出血や網膜の異常が原因で起こる症状をいいます。

小さなごみがちらつく程度であれば心配いりませんが、急に浮遊物が増えたり、激しく踊るようであれば目の異常が考えられます。

痛みがないので放置されがちですが、症状のあるときは検査して原因を調べ、適切な治療を行うことが大切です。

飛蚊症とは?

角膜が傷ついたり、ごみなどが付いていたりして見えるわけではありません。硝子体中に濁りがあり、その影が網膜上に映ったものです。

生理的な飛蚊症

生理的に硝子体が濁っているために起こる飛蚊症は、とくに治療の必要がありません。

注意が必要な飛蚊症

頭部や目の痛み、光がチラチラ見える光視症のような症状が同時みられる場合も要注意です。進行すると視力障害や失明の危険性もあるので、一刻も早く受診してください。

飛蚊症の治療

網膜裂孔や網膜剥離による飛蚊症の場合は、瞳孔からレーザーを当て、剥がれた部分の周りの網膜を焼き固める「光凝固」をはじめ、「強膜バックリング」「硝子体手術」などの治療が行われます。