逆さまつげには、「内反症」と「睫毛乱生」があります

逆さまつげの中には、まつげの生えている方向は一定でもまぶた全体が内側へ湾曲しているために、眼球表面にまつげが当たる「内反症」と、まつげの生えている方向がまちまちで内側へ向かって生えているまつげが眼球表面に当たる「睫毛乱生(しょうもうらんせい)」とがあります。これら二つが合併することも少なくありません。

内反症
まつげを抜いてしまうと、次に生えてくるまつげが短いうちから眼球表面に当たってしまい、数日沖に抜かなければならなくなります。

この場合は、手術でまぶた全体を少し外側へ向けてやると楽に過ごせるようになります。

睫毛乱生
まず内側へ向いているまつげだけを抜く方法を選びますが、しばらくするとまた生えてきます。次の逆さまつげが生えてこないようにする方法として、レーザーや電気による熱凝固で毛根の細胞を焼く方法がありますが、熱が周囲へも伝わり、よい方向で生えていたまつげの方向を代えてしまう可能性もあります。

手術は逆さまつげの生え方や場所、皮膚のゆとり、年齢などにより、様々な方法が考えられます。