子供の斜視は、幼児期の神経障害などが原因で起こります

目標物へ視線を向けるとき、一方の目は正しくそちらへ向いているが、もう一方は別の方向を向いている、という状態を斜視といいます。

ものを見るという行為は、両方の目の視線が正しく目標へ向けられることによって成立しています。また、視機能には両眼視という、二つの目で見たものを非等の像に統合する高度な働きがありますが、これも両方の視線のバランスが、正しくとれていなければできないことです。

そのため、斜視だとものを立体的に見ることができません。調節内斜視と呼ばれるものは遠視によってずれてしまった焦点をなんとか合わせようとすることから視機能に無理がかかって、その弊害が斜視として現れるものです。

目のどちらか一方が極端な近視遠視といったように、左右の視力に大きな差があるために斜視になることもあります。また、子供によくみられる斜視の多くは、幼児期に両眼視の機能が発達する過程で、神経などの障害が原因で起こります。ほかに、眼球をとりまく筋肉の障害によっても起こることがあります。

斜視の症状
症状が比較的はっきりしているものは、外から視線の方向を観察しているとよくわかります。ですから、本人よりも先に家族や友人が気づくというケースも多いのです。

まっすぐこちらを見ているはずなのに、右の視線だけが内側あるいは外側に寄っていたり、逆に左がそうなっていたりします。内側へ寄るものを内斜視、外側へ寄るものを外斜視と呼びます。

異常が現れるのはどちから決まった目かというとそうではなく、あるときは右の視線が正しい方向を向かず、あるときは左がおかしいという症状がみられることもあります。

斜視の治療
弱視の発生を防ぐためにも、早期治療が大事です。また、斜視の有無は素人目にはなかなかわかりにくいこともあり、さらに原因によって治療法が異なるケースもありますから、それらを正しく把握するためにも、疑わしい点を見つけたら送球に眼科を訪ね、詳しく検査をしてもらいましょう。

治療は手術が主流ですが、遠視が原因の場合は手術をしなくても、普通はめがねで調節できます。手術は一般に、眼球を動かす筋肉である外眼筋を調節するという方法をとります。例えば、視線が内側へ寄る場合は、その眼球を外側へ引っ張る役目の筋肉を強めるのです。

いずれにしても、遅れれば遅れるほど治りにくいものになってしまいますから、なるべく早めに治療をしなくてはなりません。