眼球をおおっている強膜に炎症が発生する病気です

強膜というのは眼球の形をつくっている丈夫な膜で、白い色をしています。この膜に炎症が起きている状態を強膜炎といい、特に膜の表面に炎症がみられるものを上強膜炎と呼ぶこともあります。

充血部分が痛みます

この病気は全身の疾患が原因となって発病することがあります。例えば、リウマチ、結核によるアレルギー、梅毒といった病気から二次的に引き起こされます。また、今のところ原因がわかっていないものも比較的多くみられます。

症状としては、炎症の患部に圧痛を生じて充血します。外から目を観察すると、白目の部分に充血が起こっていることがわかります。強膜炎の充血は比較的深いところで発生していますので、やや紫がかった赤色に見えるのがふつうです。充血している部分は、押すと痛みを感じます。

なお、眼球の前面(外から見える部分)では、強膜の上をさらに結膜がおおっているところがありますが、この部分で結膜炎が発生している場合は強膜炎との区別が困難になります。

充血部分を押したときだけでなく、とくに触れたりしないでも痛みを感じる場合もあります。また、光を異常にまぶしく感じたり、涙が出たり、異物感を覚えるなどの自覚症状を伴うこともあります。

治療には、強膜の部分の炎症を抑えるための対症療法を行います。例えば、副腎皮質ステロイド薬、消炎剤、抗生物質といった薬の点眼、結膜下注射などです。病気が原因となっている場合には、まずはもとの病気のほうの治療にかかります。