翼状片は紫外線を長年浴び続けると発症する結膜の病気です

再発しやすい病気です

翼状片とは、強膜(白目)の表面を覆っている結膜組織が過剰に増殖し、角膜(黒目)に進入してくる病気のことで、50歳以降の中高齢者に多くみられます。

良性の疾患ですので、命にかかわることはありませんが、手術で切除しても再発しやすいことがよく知られています。はっきりとした原因はわかっていませんでしたが、最近の研究では、長年にわたって紫外線や煤煙などにさらされていると、発症しやすくなると考えられています。

翼状片の症状
盛り上がりのために目の表面が凸凹するので、ゴロゴロしたり、ごみが入ったような異物感などの自覚症状が感じられます。また、結膜の部分はしばしば充血して赤く見え、美容上この赤さを嫌う人も少なくありません。

初発の場合は、非常にゆっくりと進行し、瞳孔領に至るまでは10年以上かかることが多くなっています。翼状片が角膜に侵入するに従って角膜が牽引され、乱視が出現し、視力低下が引き起こされます。また、瞳孔を完全に覆った場合、視力が失われることもあります。

翼状片の治療
異物感などの自覚症状をとるために点眼薬を用いることはありますが、現在のところ進行を抑える薬はありません。翼の部分が伸びすぎると視力障害を引きこすので、ある程度進行したものは、手術で切除することになります。

ただし、単純に切除するだけでは再発しやすいので、現在は切除後に有茎・遊離結膜弁移植や0.04%マイトマイシンCの塗布、羊膜移植などを試みて再発予防に努めます。角膜への進入の程度と、視機能低下の程度などを総合的に判断して、手術の時期が決められます。

再発率ですが、若年者(30〜40歳代)では高く、高齢者では低いとされています。報告により違いがありますが、若年者の再発率は30〜50%、60歳代以降では数%以下です。再発のたびに手術すると、球結膜が足りなくなって目に障害を起こす場合もあります。