角膜のウイルス感染によって、痛みや充血、異物感が現れます

角膜の表面が単純ヘルペスウイルスや帯状ヘルペスウイルスに感染したもので、からだの抵抗力が弱くなっているときにかかりやすい眼病です。

眼球に痛みを感じ、涙が出る、まぶしさを強く感じるなどの症状のほかに、充血、異物感もあります。角膜を観察すると、表面に枝を広げた樹木のような形が認められ、混濁しています。帯状ヘルペスが原因の場合には、目の周囲にブツブツができることがあります。

治療には、抗ウイルス薬を使用します。最近では副作用の少ないアシクロビル(ゾビラックス)という軟膏も使えるようになりましたが、再発しやすいので根気強く治療を続けなければなりません。

治療が不完全の場合、角膜内部にウイルスが侵入して、全体的に混濁してきます。とくに以前角膜ヘルペスにかかったことがある人は、注意が必要です。

風邪を引いたり、過労などで体の抵抗力が落ちた時に再発するケースも少なくありません。再発を繰り返し、角膜の混濁が強くなってしまったら、角膜移植が行われることもあります。