電気性眼炎は紫外線で黒目に炎症が起きて傷がつきます

電気溶接や殺菌灯などの人口灯から出る紫外線で障害されて起きる表層角膜炎は、電気性眼炎と言われています。冬山登山やスキーで直接紫外線を浴びて起こる角膜炎、いわゆる雪眼炎(雪目)と基本的には同じものです。

紫外線の浴びすぎに注意しましょう

角膜は黒目と呼んでいる透明な膜のことですが、ここでは紫外線の約90%を吸収するため、外からの過剰な紫外線は角膜の細胞を障害します。紫外線を浴びて8〜12時間後に両目の黒めに炎症が起きて傷がつきます。フルオレセイン染色(角膜の状態を調べる薬品)で角膜上皮は微細点状に染まります。

まれに目の中にも炎症が出ることがあります。ゴロゴロしたり、涙が止まらなくなったり、目の赤みもひどくなります。痛みが強く、眼が開けられないこともあります。

診察の時には麻酔の目薬を点眼して、痛みをとって眼を開けられるようにした上で診察を行います。十分な検査、診察をしたうえで、コンタクトレンズによる障害やドライアイによる角膜の傷など、ほかの病気と鑑別する必要があります。

電気性眼炎の治療
感染防止のために抗生物質の点眼と、角膜の保護のために、ヒアルロン酸点眼やビタミンB2点眼を行います。角膜の傷は通常3日程度でよくなります。

痛みが強い場合は抗生物質やビタミンB2の眼軟膏を入れて眼帯をするとかなり楽になります。また、痛み止めの飲み薬でも多少楽になります。