鼻涙管にたまった涙に細菌が繁殖して炎症が起きた状態です

鼻涙管閉塞による涙目をそのまま放置しておくと、涙嚢内にたまった涙にブドウ球菌、肺炎球菌、β溶血性連鎖球菌、緑膿菌、放線菌、真菌などが繁殖して炎症を起こします。これを慢性涙嚢炎といいます。

涙嚢部を押さえるとドロドロした液体や膿が逆流したり、原因が放線菌や真菌の場合は、涙石を作ることがあります。この病気は涙嚢部に圧痛や発赤がないために、気が付かずに放置されているケースが多いとされています。

経過が長期にわたると、急性涙嚢炎を起こし、涙嚢部が大きくはれて、痛みを伴うようになります。さらに、炎症が周辺部まで波及するとと、眼窩内や頭蓋内にまで炎症が及ぶこともあります。また、ちょっとした角膜の病変から細菌性角膜潰瘍を起こし、それが眼内炎を起こし、失明してしまうこともあります。

治療では抗生剤の入った点眼薬を使用したり、涙嚢部にマッサージを行い症状の改善をはかります。また、鼻涙管にチューブを挿入して、涙道を押し広げることもあります。