眼瞼下垂は筋肉が緩みまぶたが下がってくる状態です

眼を開くためのまぶたを持ち上げる筋肉(眼瞼挙筋)が、働きにくくなり、まぶたが下がっている状態です。多くは加齢により、この筋肉の付着部が緩むために起こります。加齢のほかに、白内障などの眼の手術後や、コンタクトレンズを長く使っていた後などでも起こります。

眼瞼下垂の治療
手術で緩んだ筋肉を縫い縮めたり、緩んだ付着部を元の位置に縫い直したりすることで、まぶたを持ち上げやすくします。

手術後は「視野が広がり明るくなった」、「顎を上げずにものを見ることができるようになった」など、ものを見るのに努力が要らなくなり、普段の生活に戻ることができます。

ただし、眼底出血などのために上のほうが見えにくい状態の場合には、手術を受けて、まぶたを持ち上げても、見えにくさが解消されるとは限りません。

また、眼瞼挙筋が働きにくくなっている原因が、神経の麻痺や筋肉そのものの特殊な病気であったり、眼を閉じる筋肉の痙攣であったりすることもありますので、まずは眼科の総合的な診断を受けましょう。