弱視:視機能が発達しないままの状態で、視力が低下します

成長すると治療が難しくなります

視力は主に乳幼児期に発達し、小学校の低〜中学年あたりで完成しますが、視力は漫然と成長していくわけではなく、乳幼児が日々の生活の中でものを見る訓練を重ねることによって正しく発達するのです。

普通に生活していれば問題ありませんが、例えばけがなどで長く眼帯をしていたりすると、視力が十分に発達しないままになることがあります。このように、目を使わないために起こるものを、廃用性弱視といいます。これには、先天性白内障眼瞼下垂(がんけんかすい)など、病気のために目が使われなかったというのも含まれてます。

近視遠視(乳幼児はたいてい後者)の度が強すぎて、ものをはっきりと見ることができない、というケースもあります。網膜に映るのが常にぼやけた像ばかりですから、視機能にとっても適切な訓練にならず、弱視になってしまうのです。

もう一つ、左右の目の見え方が著しく違うために弱視になることがあります。左右の目の視力が違う場合はいい方だけを使うために、また斜視の場合はものが二重に見えるのを防ぐために、無意識の作用で内部的に片方の目を休ませてしまうからです。

なお、これらとは別に先天性の弱視が合って、原因不明のものも少なくありません。網膜や視覚中枢などに、なんらかの先天的な異常があるものと考えられています。

弱視の症状
視力の低下がみられ、それ以外の症状はふつうはありません。極端に悪い場合は、眼鏡やコンタクトレンズを用いても視力が0.0いくつということもあって、日常生活に支障をきたしてしまいます。

乳幼児の場合、外見的に異常がないにもかかわらず、目の前のものに反応を示さない、何かを置いてもその方を見ようとしないなどの様子がみられたら、弱視を疑う必要があります。

弱視の治療
怪我や病気などで目を使わないために起こる廃用性弱視の場合は、眼帯をかけなければならない理由とか、原因となった病気を治すことが先決です。それらが解決したあと、視能矯正という、目のリハビリテーションを行って視力の回復を図ります。

遠視などによる弱視は、度の合った眼鏡をかけることで治療効果が期待できます。いずれにしても治療には時間がかかり、気長に根気よく続ける必要があります。また、成長すればするほど、視機能は柔軟な対応ができなくなるので、早期発見・早期治療が、非常に大切です。