網膜静脈閉塞症:急激に視力が下がって視野が暗くなります

眼底写真でみる網膜中心静脈閉塞症

網膜中心静脈は網膜で作られた不要な物質を眼球の外へ運び出す役目をしていますが、この静脈が閉塞して血流が阻害されると行き場を失った血液が血管の外へあふれ出てしまいます。

この血液が網膜を障害するのが、網膜中心静脈閉塞症です。静脈の根元で閉塞する場合と、枝分かれした細い血管が閉塞する場合があります。

原因としては糖尿病や動脈硬化、あるいは血管そのものの炎症などで、血管中に血栓ができてそれが血管内部に詰まることです。

網膜静脈閉塞症の症状
突然に視力が低下します。出血の部位に応じて、視野の一部が欠けることもあり、その場合は、視野の中に突然黒い影が現れたように感じます。網膜機能の中で中心をなす黄斑部に出血があると、症状はより重いものになります。そのほか、痛みなどの自覚症状はありません。

時間がたつと、網膜内の、閉塞によって血液が行かなくなったところに、新生血管という新しい血管ができてくることがあります。これは循環を補うための、からだのいわば防衛反応なのですが、新生血管は非常に破れやすいので、これが新たな出血を生み、病気を重症化させることになります。そうなると、硝子体出血や緑内障などの合併症を引き起こしかねません。

診断に際しては、まず眼底検査で、網膜の出血やむくみの有無、静脈の様子などを観察します。さらに、静脈の詰まった部位や閉塞の程度、網膜のむくみ具合を調べるため、蛍光眼底造影も行われます。

網膜静脈閉塞症の治療
現在のところ、失われた視力を回復させる治療法は確立されていません。治療は、主に視力低下が進んで、失明にいたるのを防ぐために行われます。

静脈の詰まった部位を放置しておくと、新生血管という異常が血管が生えてきます。新生血管はもろく破れやすいため硝子体出血や血管新生緑内障などの合併症を引き起こすことがあります。そこで新生血管を防ぐために、詰まった部位をレーザーで焼き固めます。

一部では、黄斑部のむくみを取って視力を改善させるために、硝子体手術が行われています。そのほかt-PA(組織プラスミノーゲン活性化因子)やステロイド薬などの薬を使った方法も試みられています。

これら治療法は、むくみをとるにはある程度効果がありますが、必ずしも視力が回復するわけではありません。