目に優しい照明の条件と工夫の仕方

照明は視力と深い関係があります

私たちの目は、光のない暗闇ではまったくものを見ることができません。そして、光が弱かったり強すぎたりすると、疲れ目や目を傷める原因になります。

光には、明るさを示す「照度」と、輝き具合を示す「輝度」というものがありますが、とくに輝度が強すぎる場合は、視神経に負担をかけ、網膜を傷つけることになります。
また、目をいたわり、眼精疲労ドライアイを防ぐには、光の質や方向性、さらに心理的な要素も大きな問題になります。

一方、照度とは、その場にどれくらい光が当たっているかを示すもので、単位を「ルクス」で表します。1ルクスは、1平方メートルに1ルーメンという光の強さが当たっていることを示します。

作業や室内における一般的な照度の目安は、視力の変化も考慮すると、オフィスフロアでは150〜300ルクスぐらいがよいと考えられています。また、デスク上で使用する電気スタンドの明るさは、同じく150〜300ルクスの間が適度とされています。

視力検査では、照度200ルクス下で視力表を見るのが標準とされていますが、視力は照明(照度)によっても大きく変化します。

例えば視力が正常であっても、一般的に照度が低い月夜の場合の視力は約0.2くらい、街灯下では約0.8、部分照明で200〜300ルクスほどある電気スタンド下の視力は約1.5くらいになります。また、明るい太陽の下では500ルクス以上となり、視力はもう少し向上します。

このように、照明は視力にも大きく影響してくるので、照明器具の扱いと調節は慎重に行うことが、目の健康に重要となります。

関連記事
VDT症候群とは? 頚肩腕症候群 VDT症候群の予防と対策 疲れ目の解消方法 正しい姿勢