VDT症候群に関する記事の一覧

パソコン類のOA機器による、目の不快感を訴える人が増え続けています。実はOA機器が目に悪いという医学的な根拠はありませんでした。

ところがOA機器を扱う人たちの間に体調不良が目立ち始め、「VDT(ビジュアル・ディスプレイ・ターミナル)症候群」という症状の定義ができました。これは「テクノストレス眼症」ともいわれ、パソコンやテレビゲーム機などの画面を見る作業によって起こる症状です。

VDT症候群とは?

オフィスのOA化が急速に進む中で「テクノストレス眼症」と呼ばれるVDT症候群が問題視されています。VDTは、「Visual Display Terminals」の略語で、画面を持った情報端末をさします。

頚肩腕症候群

肩こりなどのように、さまざまな原因によって首、肩、腕に痛みが起きる症状の総称で、VDT症候群における典型的な症状です。パソコンに向かって、長時間キーボードやマウスを操作したりする仕事の人に多くみられます。

VDT症候群の予防と対策

長時間VDT作業を続ける場合は、1時間に10〜15分ほど休息時間をとり、目を休ませることも大切です。

疲れ目の解消方法

冷やした濡れタオルや、少し熱めの蒸しタオルを目に当てると、眼球に程よい刺激を与え、血液の循環を促します。血行がよくなれば、眼筋への栄養補給がより活発化して、疲れ目が解消されるわけです。

正しい姿勢で疲れ目を予防

姿勢が悪いとからだに必要以上の負担をかけます。とくに、目の疲れは視力を低下させ、眼精疲労を招いたり、肩こりや頭痛の原因になります。

目にやさしい照明の条件

光には、明るさを示す「照度」と、輝き具合を示す「輝度」というものがありますが、とくに輝度が強すぎる場合は、視神経に負担をかけ、網膜を傷つけることになります。