眼精疲労は体の不調の原因にもなる目の疲れです

充血、頭痛、肩こりが現れます

眼精疲労は目の不調から、全身にも症状が及ぶものです。パソコンや細かい作業で目を酷使すると疲れ目が生じます。一般的な疲れ目なら、ぼやけたり、目がかすんでも、少し休むと回復します。しかし眼精疲労の場合は、休んでも目の疲れが取れません。

軽い作業でも目が疲れやすくなったり、充血やかすみ目のほかに頭痛、肩こりなどの全身的な症状をともなうこともあります。放置すると、重大な目の病気を見逃すこともあり、また、イライラや情緒不安定などの精神的症状に悩まされる場合も出てきます。

眼精疲労の原因
眼精疲労は目だけでなく、身体や心の状態、また、環境などが重なり合って生じることが多いのです。まず原因を追究して、改善できるものは、改善し、適切な治療を受けることが大切です。

眼精疲労の原因は大きく次の4つに分けられます。

  • 眼鏡やコンタクトレンズが合わない場合、老視、斜視、結膜・角膜の異常など
  • 過労や睡眠不足のほか、更年期障害にともなう不調、血管性障害、代謝不良など
  • 精神的ストレス、不安や悩み
  • 照明、椅子や机の高さが不適切、悪い姿勢など

眼精疲労は改善できるものです。ストレスを抱え込んでいたり、過労状態にいないか自分の生活を見直してみましょう。

さらに目や全身の病気がないか、健康診断を受けたり、老視や屈折異常がある人は、眼鏡やコンタクトレンズの不具合を疑い、眼鏡専門店で検眼し直すなど、さまざまな原因を追及します。

次のポイントを見直し、改善を心がけましょう。

検眼と正しい矯正
眼鏡やコンタクトレンズの度が合っているか、検眼しなおします。また、矯正が強すぎても、目が疲れますので、その度を少し弱くしてみるとよいでしょう。

眼の検査を受ける
斜視のほか結膜、角膜などの病気、また眼底眼圧などを調べて、異常があれば治療します。

全身の健診を受ける
更年期障害や代謝状態、血管障害など、全身の病気がないか調べます。胃腸が悪くても、目が疲れますので、詳しく調べます。過度のダイエットも避けましょう。

環境を整える
作業をする机回りの照明や、椅子の高さなどをチェックします。換気や室温、窓からの光などを再確認して、目によい状態を整えます。

睡眠と気分転換
心身疲労を避け、睡眠はとれているか、一定の時間ごとに目を休ませているか見直します。慣れない作業でのストレスなども要因となりますので、リラックスするようにしましょう。