薬局で買える防腐剤の入っていない目薬

ほとんどの目薬には開封後も長期間保存できるように、菌の繁殖を防ぐための防腐剤が入っています。保存剤として使用されている、ホウ酸や塩化ベンザルコニウム、クロロブタノールなどが該当します。

涙がたくさんある健康な目であれば、防腐剤は涙と一緒に洗い流されるので問題はありません。しかし、涙の量が少ないドライアイの状態では、少量の防腐剤でも濃縮されて停滞してしまい、角膜上皮に障害を与える恐れがあります。

したがって、ドライアイなどで涙の分泌が極端に低下して、頻繁に目薬をさす必要がある人は、防腐剤が入っていない目薬を選ぶ必要があります。

私はドライアイのほかにも緑内障の定期検査で眼科に行く機会が多いので、ついでに「ヒアロンサン0.1」という目が乾きやすい人のための目薬を数本処方してもらっています。1日3〜4回さすように指導されていますが、1本で2週間くらい持ちますね。

「ヒアロンサン0.1」は眼科医の処方が必要ですが、以下にあげるものは、近所のドラッグストアで手に入る防腐剤の入っていない目薬です。

人工涙液型点眼剤 ソフトサンティア(参天製薬)

涙液に近い性質を持った人工涙液で、涙液不足に伴う目のかわき(ドライアイ)を改善します。ソフト・ハードコンタクトレンズを装着したまま点眼することができます。レーシック手術の後に目が乾く場合にも、これを使っている人が多いと思います。おすすめです。

ロートソフトワン点眼液(ロート製薬)

ドライアイのつらい目の乾き、コンタクトレンズ着用時の不快感を和らげます。防腐剤だけでなく清涼化剤も無添加なので、目薬特有の「スッ」と染みる感じが苦手な方にもピッタリです。1週間で使いきれる小さなボトルが4本入っており、それぞれのボトルは開封するまでフレッシュな状態が保たれています。

アイリスCL-1ネオ 30本入り(大正製薬)

涙の成分とタウリンを配合した一回使い切りタイプ(30本入り)の目薬です。涙液(目の乾き)のほか、目の疲れやコンタクトレンズを装着時の不快感をやわらげます。携帯に便利ですが、点眼時に「ポタポタポタッ!」と一気に垂れて眼の外に溢れ出してしまうところが、少し気になりました。

使用頻度に気をつけましょう
防腐剤無添加のものであれば、何回でも点眼していいと思われがちですが、過剰な点眼は、わずかながらに分泌されている涙までも洗い流してしまう恐れがあります。どんなに短くても次の点眼までに1時間は空けるようにしましょう。

関連記事
ドライアイの症状 ドライアイの原因 シェーグレン症候群 ドライアイ検査 ドライアイの治療 ドライアイの予防法