涙の量や質、排出具合、眼球の状態をチェックします

涙の量と質の両方を調べます

ドライアイの診断には、特殊な検査が必要になります。まず涙を調べますが、量と質との両方から見なければなりません。ドライアイは、涙の量が少ないために起こりますが、量があっても質が悪いために起こることもあるからです。

シルマーテスト
涙の量はシルマーテストで検査をします。濾紙の端を少し折り、涙点の上にのせ、目を閉じてまぶたで挟んで5分間待ちます。濾紙にしみこんだ涙の量を、刻まれている目盛りで読みます。

また反応性分泌は、意識的に鼻を刺激して涙を出し、涙の量と質を見る鼻刺激シルマーテストで計ります。

クリアランステスト
色素(フルオレセイン)を点眼して、5分ほど待ち、その色素の排出具合をみる検査です。涙の排出量が少ないと洗い流す力が弱いため、目に入ったごみやほこりなどがたまって、トラブルの元となります。

涙液層破壊時間測定
涙の安定性を見る検査で、目の表面を覆う涙の層が、どのくらいの時間で崩れるかを調べます。検査薬を点眼して、涙の層に「ドライスポット」と呼ばれる乾燥した部分ができるまでの時間を測定します。

ドライスポットができるまでの時間が10秒以上なら問題ありません。5〜10秒ならドライアイの疑いがあり、5秒以下なら、ドライアイと判定されます。

染色テスト
色素で眼球の表面を染め、生体顕微鏡で調べます。眼球前面の傷や凹凸状態などをみることができます。ドライアイの有無、さらにはドライアイのタイプをスクリーニング(選別)するのに適しています。

その他の検査
涙の中の特殊タンパクの測定、アレルギー検査、知覚検査、また病気が原因と考えられる場合は全身検査が行われます。

関連記事
ドライアイの症状 ドライアイの原因 シェーグレン症候群 ドライアイの治療 ドライアイの予防法 防腐剤を不使用の目薬