ドライアイに関する記事の一覧

目の表面の粘膜は、涙によって潤され、保護されています。涙の量が減少すると、眼球表面が外気にさらされ、乾燥して結膜が充血したり、角膜に傷がつきやすくなります。この状態がドライアイです。最近は、パソコン操作などで瞬きが減ったり、エアコンの普及で室内が乾燥しやすい環境も手伝って、ドライアイが増えています。

ドライアイは、眼精疲労の一因にもなります。眼精疲労は、単なる目の疲れと異なり、しばらく目を休めたり、一晩眠った後も消失しない目の疲労感で、ドライアイのほか、眼鏡やコンタクトレンズの不適正な使用などで起こってきます。

ドライアイは、自己免疫疾患で口腔や皮膚が乾燥するシェーグレン症候群や涙腺の病気、結膜炎などが原因のこともあります。目が疲れやすい、目が乾く、目が痛いなどの症状があれば眼科を受診しましょう。

ドライアイの症状

目が乾いてゴロゴロし、目やに、目のかすみや疲れ、痛みなどが起こります。かすみや充血、光がまぶしいといった症状をともないます。

ドライアイの原因

涙腺から十分な量の涙が出なくなり、目の乾燥感が強くなって発症します。パソコンなどの画面を見つめているときは、まばたきの回数が減るため、涙の分泌量が減るだけでなく、眼球表面から蒸発する涙の量も多く、目が乾燥してしまいます。

シェーグレン症候群

原因不明の自己免疫疾患の一つで、主に涙腺と唾液腺が破壊されてドライアイと口腔乾燥症を引き起こす難病の一つです。人口涙液やヒアルロン酸ナトリウム点眼薬による治療だけでは不十分で、涙点プラグなどの涙点閉鎖術が必要なケースも少なくありません。

ドライアイの検査

診断には、特殊な検査が必要になります。まず涙を調べますが、量と質との両方から見なければなりません。ドライアイは、涙の量が少ないために起こりますが、量があっても質が悪いために起こることもあるからです。

ドライアイの治療

治療には、涙の量を補う人口涙液(点眼薬)、涙の蒸発を防ぐメガネ、涙の排出を少なくする涙点プラグ、といった方法があります。点眼薬は防腐剤の入っていないものを選ぶのがポイントです。

ドライアイを予防する工夫

涙はまばたきのたびにつくられ、まぶたがワイパーのように目を回って全体に涙を分配します。まばたきをしないでいると、目の表面は乾燥していきます。意識的にまばたきをして、目の全体に涙がいきわたるようにしましょう。

防腐剤の入っていない目薬

涙がたくさんある健康な目であれば、防腐剤は涙と一緒に洗い流されるので問題はありません。しかし、ドライアイで目が乾いている場合は防腐剤が目に沈着してしまいます。