糖尿病の合併症で、後天的な失明の原因の第2位です

左が健康な目、右が進行例です

近年、日本において、中途失明の原因で第2位(H17年度)となっているのが、糖尿病の合併症の1つである糖尿病網膜症です。

眼球の奥には網膜といって、目に入ってきた光が像を結ぶ場所があり、そこにはたくさんの毛細血管が通っています。糖尿病による高血糖の状態が続くと、これらの血管の壁に異常が現れ、こぶ(血糖瘤)ができたり、血液の成分が外にしみ出したり、血管が詰まってしまったりします。

すると、網膜の中の血液がスムーズに流れなくなって、場所によっては、必要なだけの酸素や栄養分を受け取ることができなくなってしまいます。

血液が流れなくなってしまった場所には新生血管という新しい血管が出てきて、栄養不足を補おうとするのですが、この新生血管は非常に破れやすく、時に大出血を起こして病状を悪化させてしまいかねません。

この状態になると、硝子体出血や網膜剥離、血管新生緑内障を起こしたりして、放置すると、突然失明したりします。これが、糖尿病網膜症です。

毛細血管は、糖尿病を発症してから数年〜十数年かけて徐々に障害されていきます。しかし、視力は徐々に低下するわけではなく、多くの場合、ある日突然、急激な視力低下が起こります。それまではほとんど視力が変わらないため、糖尿病網膜症の進行に気づかないこと多いのです。

関連記事
糖尿病網膜症の症状と進行 糖尿病網膜症の検査 糖尿病網膜症の治療