網膜が剥がれて視野が欠ける病気です

網膜がはがれると視力に大きな影響が出ます

眼底(目の奥の部分)についてみてみると、眼球を包んでいる膜の一番内側に、網膜という光を感じる神経の組織があります。その外側を包んでいる膜は脈絡膜といい、豊富な血管を持っていて、網膜に酸素や栄養を届ける役割を果たしています。

また、網膜の内側には硝子体ちうゼリー状の組織が詰まっています。目の外から入ってきた光は、角膜→瞳孔→水晶体→硝子体と進んで、網膜上で像を結びます。何らかの原因でこの網膜に穴や亀裂が生じてしまうのが、網膜剥離という病気の最初の段階です。

硝子体液がその穴から流れ出し、網膜と脈絡膜との間に入り込んで、網膜を持ち上げてしまいます。こうなると、脈絡膜からの酸素や栄養の供給が断たれてしまうため、その部分の網膜は機能に異常をきたし、そうした状態が長く続くと、回復不能のダメージを受けてしまいます。

網膜に穴が開くそもそもの原因として、老化による硝子体の変性があります。硝子体は99%が水分、残りは線維成分と細胞成分から成ります。年を取ると線維成分が縮んで水っぽくなり、ゲル状の部分と水分に分かれます。すると、硝子体と網膜の通常の接着部分が剥がれて、ゲル状の部分が前方へ移動します。

このときに周辺部の網膜に硝子体との強い癒着があると、そこが引っ張られて網膜に孔が開く「網膜裂孔」が起こります。そして、その孔から硝子体の水分が網膜の裏側に入り込むと、網膜が剥がれてしまいます。

また、強度の近視で眼球がゆがんでいて網膜がいつも引っ張られた状態になっていることもあげられます。これらの状態のときに目に打撲を受けたり、スポーツなどで強い振動を与えられたりすると、それが誘引となって網膜剥離を起こすことが多いです。

また、これらとは別に、網膜・脈絡膜の病気や眼球内の腫瘍から二次的に発病する場合もあります。20歳代の若い人にも多いのですが、50〜60歳代に最も多くなっています。

関連記事
網膜剥離の症状 網膜剥離の治療