網膜剥離に関する記事の一覧

視力に大きな影響が出る病気のひとつに、網膜剥離があります。網膜剥離はボクシング選手などがなるので、外傷が原因であることが知られていますが、実は加齢によっても起こります。

網膜は外側を脈絡膜、内側を硝子体と接しています。硝子体はゼリー状の組織で、とても薄い硝子体膜で包まれています。この硝子体は、老化によって眼球の前のほうに向かって縮みます。

そのとき、硝子体膜と網膜が癒着を起こしていると、網膜もいっしょに引っ張られてしまい、裂け目ができます。すると、その裂け目に硝子体の水分が入り込んで押し広げるため、網膜がはがれてしまうのです。

網膜剥離とは?

目に入った光が像を結ぶ「網膜」は、カメラでいえばフィルムにあたります。この網膜が剥がれ、視野が欠けるのが網膜剥離です。50〜60歳代に最も多く、また、近視が強いと起こりやすい傾向があります。

網膜剥離の症状

目の前に虫のようなものが見える飛蚊症、眼を閉じても光のちらつきや閃光が見える光視症が前触れのことがあります。網膜剥離が起こると、視野の一部が欠けてきたり、目の前にカーテンが下りたように見えなくなり、急激に視力が低下してきます。

網膜剥離の治療

網膜裂孔の場合には「レーザー治療」、すでに剥離が起こっている場合には「強膜バックリング」や「硝子体手術」が行われます。9割以上は手術によって、日常生活を普通に送ることができるようになります。