装着時間の超過、不適切なレンズケアなどが原因となります

トラブルがあった場合は速やかに眼科を受診しましょう

無理な装着
コンタクトレンズの装着中はフィッティングがよく、汚れていないレンズであっても、裸眼のときに比べて角膜への酸素供給量が減少します。目安となる装着時間を越えて装着したり、そのまま就寝したりすると、角膜は酸素不足に陥りやすく、無理がかかってしまいます。

使い捨て、頻回交換が定められているコンタクトレンズは、使用方法を守る必要があります。守っていても眼障害が起こることもあるくらいですから、守らなければ生涯が発生する危険が極めて高くなります。

レンズごとに定められている装用ルールを逸脱して装用すると、眼障害が発生しやすくなります。装着ルール違反でなくても、連続装着レンズ、カラーコンタクトレンズは目にかかる負担が大きく、障害が多くなります。

不適切なレンズケア
レンズケアはメーカー指定の方法で行なうのが原則です。簡単だからといって、勝手にケアの方法を変更するのは危険です。

しかし、メーカー指定の方法でも、レンズの汚れが落ちるとは限りません。つけおき洗浄をメーカー指定の洗浄方法としているところも多いのですが、レンズが汚れやすいヒトデはこすり洗いの併用が必要です。

とくにつけおき洗浄と煮沸消毒を同時に、あるいは引き続き行なうシステムはレンズが汚れやすく、眼障害の原因になっています。汚れたままレンズを煮沸消毒すると、レンズにタンパク質を固着させたり、レンズを変形させたりすることが多く、巨大乳頭結膜炎などの原因になります。

一液で洗浄、すすぎ、保存、消毒ができるMPSを使用していて、つけおき洗浄と勘違いして、こすり洗いをしない人が増えています。汚れが落ちないだけでなく、消毒効果が不十分で、感染につながることもあるので、注意が必要です。

不適切な処方と指導
目の状態に合わないレンズを装着していると、眼障害が起こりやすくなります。目の状態に合わないレンズと、フィッティングのよくないレンズ、レンズが汚れやすい人に対しての高Dk値(酸素を多く通す)の酸素透過性ハードコンタクトレンズ、ドライアイに対する従来型ソフトコンタクトレンズなどです。これはレンズ選択の誤りで、処方した医師に責任があります。

また、無理な装用、不適切なレンズケアも、装着者の責任だけでなく、医師の説明・指導が悪かったことが原因となっているケースもあります。

目の要因
フィッティングが適正で、きちんとレンズケアをしていても、目の状態によってはレンズが汚れたり、レンズが眼に固着したりして、眼障害が起こることもあります。ドライアイアレルギー性結膜炎があると、眼障害が起こりやすくなります。

目の状態は季節、環境、目の病気などによって変化し、分泌物の内容や量が変化し、ドライアイが悪化したり、アレルギーがひどくなったりします。

以上の四大原因の中で、自分に該当するものがないかどうか、一つ一つチェックしてみましょう。もし該当するものがあれば、それを取り除くか、対策を講じる必要があります。眼科専門医に相談してください。

関連記事
点状表層角膜症 角膜内皮障害 角膜浸潤・潰瘍 巨大乳頭結膜炎 角膜血管新生 角膜浮腫 角膜上皮びらん コンタクトレンズ障害の予防 レンズケアの方法