コンタクトレンズはつけおき洗浄よりもこすり洗いが効果的です

指の腹ですべらせるようにレンズをこすり洗いします

ハードレンズは外した後とつける前にきちんと洗浄して、外した後はケースで保管します。ソフトレンズでは、細菌やカビがつきやすいため、洗浄後は薬品による消毒が必要です。
最近は漬け置き洗浄も普及していますが、より効果の高いこすり洗いの方がお勧めです。ケースもカビや細菌がつきやすいため、毎日水洗いして乾燥させて清潔に保ちましょう。

定期検査を受ける
コンタクトレンズ障害が起こった人の多くは、定期検査を受けていません。定期的に検査を受けていれば、障害が起こっても軽いうちに発見できますし、障害が起こる前にレンズの汚れやドライアイなど、障害の原因を見つけて対策を立てることもできます。3ヶ月に1度は検査を受けるようにしましょう。

頻繁に目を洗わない
目を洗うと、目を保護している涙も洗い流されてしまいます。すると、目が傷つきやすくなります。頻繁に目を洗うのは避けてください。

目薬の使いすぎに注意
充血を取るタイプの市販の目薬の多くは、血管収縮剤が入っています。使いすぎると、白目の血管が増えて充血がひどくなったり、ドライアイを悪化させます。目薬の使いすぎは避けましょう。

関連記事
点状表層角膜症 角膜内皮障害 角膜浸潤・潰瘍 巨大乳頭結膜炎 角膜血管新生 角膜浮腫 角膜上皮びらん コンタクトレンズ障害の原因 コンタクトレンズ障害の予防