コンタクトレンズ障害に関する記事の一覧

現在、日本でコンタクトレンズを使用している人は約1500万人とされています。使用者の増加とともに、多種多様なコンタクトレンズが登場し、気軽に買えるようになりました。

一方で間違った方法で使用していたり、ケアを怠っている人も増えています。実際、コンタクトレンズ使用者のうち、1年間で少なくとも約10人に1人の割合で、治療を要するようなコンタクトレンズ障害を起こす人がいるとされています。

点状表層角膜症

コンタクトレンズ障害の中で、最も頻度の高いものです。角膜は上皮、実質、内皮からなっています。点状表層角膜症は、その角膜の上皮層に小さな傷が付いている状態です。

角膜内皮障害

最近、注目されている重症のコンタクトレンズ障害です。まったく自覚症状が現れないまま、角膜の内側を構成する細胞(角膜内皮細胞)が少しずつ脱落減少していきます。

角膜浸潤・角膜潰瘍

角膜浸潤は、角膜に傷ができて角膜上皮および実質に炎症を起こしている状態です。さらに悪化すると、局所の角膜上皮が欠損して、より深い層に病巣が進み、角膜潰瘍に至ります。

巨大乳頭結膜炎

結膜にブツブツ(乳頭)ができます。ソフトコンタクトレンズを使っている人で、煮沸消毒や、つけおき洗浄、連続装用を行っている人に多くみられますが、酸素透過性ハードコンタクトレンズを使っている人にも起こる場合があります。

角膜血管新生

角膜に結膜、強膜から血管が進入し、角膜中央に向かって延びる障害が角膜血管新生です。原因は角膜の慢性的な酸素不足です。レンズの酸素透過度、サイズ、厚さ、フィッティング、装用時間、目の涙液量、ドライアイなどが関係しています。

角膜上皮びらん

角膜上皮が全層にわたってはがれた状態です。軽度の角膜上皮障害である点状表層角膜症が悪化したり、コンタクトレンズのこすれなど物理的なもので生じたり、角膜上皮浮腫に合併して生じることもあります。

角膜浮腫

角膜の水分量が増え、むくみが生じる眼障害のことで、自覚症状としてはかすみと視力低下を訴えます。低Dk値の酸素透過性ハードコンタクトレンズ、低含水性ソフトコンタクトレンズ装着者に多く見られます。

コンタクトレンズ障害の原因

コンタクトレンズごとに定められている装用ルールを守らなかったり、目の状態に合わないレンズを装用したり、不適切なレンズケアを行なっていると眼障害が起こりやすくなります。

コンタクトレンズ障害の予防

まず眼科医のもとで、自分の目にあったレンズを処方してもらうことが基本です。目のカーブにレンズが合っていないと、角膜との摩擦が起こりやすく、トラブルの元となります。

正しいコンタクトレンズのケア方法

ハードレンズは外した後とつける前にきちんと洗浄して、外した後はレンズケースで保管します。ソフトレンズでは、細菌やカビがつきやすいため、洗浄後は薬品による消毒が必要です。