麦粒腫は「ものもらい」や「めばちこ」とも呼ばれています

まつげの毛根に付属する分泌腺に、ブドウ球菌などの細菌が入って化膿するのが、一般的に「ものもらい」や「めばちこ」と呼ばれている麦粒腫(ばくりゅうしゅ)です。まつげの根元の毛包、脂腺、汗腺の細菌感染による「外麦粒腫」とまぶたの内側にあるマイボーム腺の細菌感染による「内麦粒腫」の2つに分けられます。

はじめは、まぶたの縁が赤くなり、痛みとともに痒みが現れます。まぶたがはれてくると、しこりができ、指で押さえると痛みを感じます。時に目やに、流涙、結膜浮腫を伴います。

経過とともに病巣は一箇所に限定されてきて、中に膿を伴う黄色い病巣(膿点)が現れます。外麦粒腫は皮膚面に膿点が発症してから数日で自然に膿が出て、はれや痛みがなくなりますが、内麦粒腫の多くはまぶたの内側に膿点をつくり、はれや痛みが強くなる傾向があります。

抗菌薬による治療が原則となります。外麦粒腫は抗菌薬の軟膏、内麦粒腫には抗菌薬点眼が基本ですが、赤みやはれ、痛みが強く、炎症の程度が大きい場合には抗菌薬の内服も併用します。

膿を持った黄色い病巣(膿点)が出現したら早期に注射針による穿刺やメスによる切開で膿を出します。炎症の主体である細菌などを排除することにより、局所の炎症を急速に鎮めることができるからです。