白内障の症状と進行について

このようにくもって見えます

白内障には、痛みや充血といったわかりやすい症状が起こりませんので、初期には気づきにくいという特徴があります。早期発見の例はたいてい、なんとなく受けた人間ドックなどで、偶然見つかるものなのです。

症状が進行してくると、水晶体のにごりに応じて少しずつ、症状が現れ始めます。物がかすんで見えるという症状は、にごりがかなり進んだ段階にきてはじめて現れます。

最初に感じる自覚症状としてあげられるのは、光に敏感になることです。昼間の明るい日差しや、夜の車のライトなどがまぶしくて、つらくなります。このまぶしさは、水晶体がにごって外からの光が反射してしまうために起こるものです。

また、視力の低下や、明るい場所では良く見えるのに、すこし周りが暗いと見えにくいなども典型的な白内障の症状です。にごりが中央にある場合は、暗いところでは見えるのに、明るいところでは見えにくいという症状も出ます。

これらの症状に心当たりがある人は、早めに受診するとよいでしょう。

白内障の症状の進行には個人差があります。おおまかには、軽いまぶしさから、目のかすみ、物が良く見えなくなるという状態まで次のような段階をたどります。

初期症状

  • 明るいところがまぶしい
  • 薄暗い場所では、読書しにくくなった

中期症状

  • 目がかすんで見えて、うっとうしい
  • 視野にベールがかかったように、かすんで見える
  • 車のライトや電灯がまぶしい
  • 眼鏡の度を変えても視力調整ができず、見えにくい

進行した症状

  • 視力が低下し、目を使った細かい作業ができない
  • 人の顔がはっきり見えない
関連記事
白内障とは 白内障の種類 薬物療法 主な治療薬 白内障の手術 眼内レンズの種類