白内障は水晶体がにごる病気

白内障は、目のレンズ部分にあたる水晶体がにごってしまうために起こります。水晶体は、水分とタンパク質からなる成分からできています。これが老化にともなって、タンパク質が変性したり水分量が変化して、白くにごってくるのです。

水晶体がにごると、物を見るときに目に入ってくる光が網膜まで届きにくくなったり、光の屈折具合が変化するため、物が見えづらくなるのです。

お年寄りの病気と思われていますが、40歳代から水晶体のにごりはゆっくりと進行し、早い人は50歳代で目のかすみを感じることもあります。60歳代〜70歳代になると、さらに増えます。

白内障は時期的に老眼の始まる年齢と重なっているため、目のかすみや物が見えづらくなると、老眼だと勝手に解釈してしまう人が少なくありません。

白内障とは?

白内障とは、水晶体に白い濁りが生じて、すりガラスを通したように視界がぼやけて見える病気です。進行すると視野のすべてがくもり、物の輪郭がつかめなくなり、明暗しか感じなくなってしまうこともあります。

白内障の種類

白内障は先天的なものと、後天的な要因によるものに分けられます。最も多いのは、加齢によって起こる白内障(老人性白内障)です。

白内障の症状

症状が進行してくると、水晶体のにごりに応じて少しずつ、症状が現れ始めます。物がかすんで見えるという症状は、にごりがかなり進んだ段階にきてはじめて現れます。

白内障の薬物療法

薬物療法は、水晶体のにごりを消失させるのではなく、病状の進行を遅らせるのが目的です。

主な治療薬と副作用

最も使用されているカタリン、タチオンはともに初期加齢白内障に用いられます。どちらも抗酸化作用とタンパク質不溶化抑制作用により、水晶体の濁りを抑制し、白内障の進行を遅らせます。

白内障の手術

白内障の手術は「超音波乳化吸引術」といって、にごった水晶体を超音波で砕いて取り出し、眼内レンズを挿入する方法で行われます。

手術で使用する眼内レンズの種類

白内障手術は水晶体の代わりに眼内レンズを挿入しますが、従来のレンズは水晶体の機能を完全に満たしてはいませんでした。現在は、遠くと近くの両方を見ることのできる多焦点眼内レンズなど、様々な付加機能をもったものが新たに登場しています。