乱視に関する記事の一覧

光が一点に集約されないため、距離に関係なくものが見えにくい状態です。点が線に見えたり、物が二重に見えたりします。

乱視の原因

角膜や水晶体のカーブの度合いが異なったり、角膜の表面に凹凸があるために、光の屈折が不規則になって焦点がどこにも合わなくなってしまいます。

乱視の症状

乱視になると像を結びつける焦点がないわけですから、遠いところも近いところもはっきり見えません。特徴的なのはものが二重に見えることです。ものの一部がかすんだりゆがんだりすることもあります。

乱視の矯正

軽い乱視ならそのままにしておいてもよいのですが、見え方がおかしくなくても頭痛や目の疲れがあって、それが乱視によるものとわかったら眼鏡やコンタクトレンズで対応を図る必要があります。