加齢黄斑変性症に関する記事の一覧

物を見るために最も重要な網膜の黄斑部に、異常が起こる病気を黄斑変性症といいます。欧米では後天的な失明の原因のトップとされています。

日本でも、50歳以降の世代に発症する「加性黄斑変性症」が増加しています。糖尿病や緑内障と並んで視力障害を起こす率が高く、注意すべき病気といえるでしょう。

進行すると、生活に支障をきたすほど物が見えにくくなります。ただし、完全失明にいたる例はまれですので、早期発見を心がけ、適切な治療を受けるようにしましょう。

加性黄斑変性症とは?

加齢によって、網膜の中心(黄斑部)に障害が起こる病気です。黄斑部でも最も感度の高い中心窩にまで障害がおよぶと、著しい視力低下が起こります。

加性黄斑変性症の症状

初期のうちは、視野の中心が「ゆがんで見える」、「黒ずんで見えにくい」などの症状が現れます。最初は片方の目だけに起こることが多く、気づかないことも少なくありません。

加性黄斑変性症の検査

60歳以上の人で、中心視力の低下や、ものがゆがんで見えるといった自覚症状を訴えて受診した患者さんには、黄斑変性を考慮して、眼底検査や栄光眼底造影、光干渉断層計(OCT)、アムスラーグリッド検査などが行われます。

加性黄斑変性症の治療

新生血管が中心窩以外にある場合は、レーザーで焼いて除去する「光凝固法」が中心になります。症状を起こす新生血管さえ取り除けば、視力障害の進行を抑えることができるのです。新生血管が中心窩にある場合は、光線力学療法(PDT)が行われます。2008年10月には初の治療薬となるペガプタニブ(商品名:マクジェン)も登場し、治療の選択肢が増えました。