あなたの目は疲れていませんか?

疲れ目について

パソコンやスマートフォン、携帯型ゲーム機などの急速な普及を背景に、近年、疲れ目を訴えて眼科を受診する人は増加しています。しかし、疲れ目の原因はそれだけではなく、多岐にわたっているのが現状です。

例えば、若い人ではコンタクトレンズのピントがあっていないことや、中高年では老眼や白内障などが原因のことも少なくありません。また、オフィス以外でもパソコンをよく使う人では、ドライアイが考えられます。

そのほか、パソコンも使わない、老眼でもない、けれども目が疲れて仕方ないという人も多くいます。このような場合は精神的なストレスで、自律神経の交換感神経と副交感神経のバランスが崩れたため、血流が悪くなったり、涙の分泌量が低下しているケースがよくみられます。

このように疲れ目はさまざまな原因で起こります。治療としては、原因をよく見極めてから対処していくことになります。大事なのは、目の病気がないかどうかということです。特に中高年の方の場合、何らかの目の病気の初期症状として、疲れ目になっていることもあるからです。

このサイトでは疲れ目をテーマとして、その背景、原因(VDT症候群、ドライアイ、老眼、目の病気など)、予防について解説しています。大切な目を守り、快適な毎日を過ごすためにお役立ていただければ幸いです。

目に起こる病気について

眼は心の窓であると同時に体の窓でもあります

目に起こる病気は、主に、1.視力・視野障害を起こす病気 2.目の機能の異常 3.目の付属器の異常などに分けることができます。

1.視野・視力障害を起こす病気
角膜、水晶体、ぶどう膜、網膜、視神経などに異常が生じると視野障害が起こってきます。
角膜は眼球表面で外界と接しているため、涙の分泌量が低下して乾燥すると異物が入りやすくなります。また、角膜内の酸素の量が極端に減ると、混濁して光が網膜に届かなくなり、視力障害が起こります。代表的な病気は角膜炎、角膜潰瘍、角膜ヘルペスなどです。

水晶体は虹彩と瞳孔の後ろ側にあるレンズ状の器官のことです。目のレンズとしては角膜の方が強力ですが、水晶体は変形することにより、ピントが合う位置を変えることが出来るという大切な役割を有しています。この水晶体が老化などによって濁り、視力が低下するのが白内障です。

脳からの視神経が太い束となって眼底に入ってくる部分を視神経乳頭といいます。眼圧が上昇すると、視神経乳頭が圧迫されて視野の一部が欠けるなどの障害が現れます。これが緑内障です。

視神経にも異常が起こります。視神経に炎症が生じて、視力が低下し、中心が見えにくくなる視神経炎、視神経に栄養を供給する血管が詰まって、視力が低下する虚血性視神経症などです。

2.目の機能の異常
目の機能(はたらき)の異常の代表は近視や遠視、乱視などの屈折異常です。他にものが二つに見えてしまう複視や斜視は、眼球の外側についている眼球を動かす外眼筋の異常で起こります。
また、眼球の中には水晶体の屈折率を調節する筋肉があります。この筋肉の働きが低下して、近くにピントがあわせづらくなるのが老眼です。

3.目の付属器の異常
白目が充血して、目やにをともなう病気が結膜炎で、ウイルスや細菌などの病原微生物の感染やアレルギーなどが原因で起こります。

まぶたの病気には、感染によってまぶたが腫れる麦粒腫(ものもらい)、マイボーム腺がつまってしこりができる霰粒腫(さんりゅうしゅ)があります。また、まぶたが下がって目が開けられない眼瞼下垂(がんけんかすい)なども起こります。

涙は上まぶたの外側にある涙腺から分泌され、目の表面を潤した後、一部は蒸発し、残りは目の内側にある涙点から涙嚢に入り鼻涙管を通って鼻腔へ流れます。涙が流れていくルートを涙道といい、涙腺や涙嚢、鼻涙管などを涙器といいます。この涙器に起こる病気には、鼻涙管狭窄・閉塞などがあります。

カテゴリー項目一覧

VDT症候群:オフィスのIT化にともない、身体の不調を訴える人が急増中

VDT症候群とは? 頚肩腕症候群 VDT症候群の予防と対策 疲れ目の解消方法
正しい姿勢で疲れ目を予防 目にやさしい照明の条件

ドライアイ:十分な量の涙が出なくなり、目の乾燥感が強くなって発症します

ドライアイの症状 ドライアイの原因 ドライアイの検査 ドライアイの治療 ドライアイを予防する
防腐剤を使用していない目薬

コンタクトレンズ障害:角膜に傷がつく角膜上皮障害が最も多い

コンタクトレンズ障害の原因 コンタクトレンズ障害の予防 正しいレンズケアの方法

緑内障:徐々に視野が欠けていく、中途失明の原因第一位の病気です

緑内障とは 緑内障の種類 緑内障の症状 緑内障の検査 緑内障の治療 目薬の種類と副作用

白内障:水晶体が濁って、物が見えにくくなります

白内障とは? 白内障の種類 白内障の症状 白内障の薬物療法 白内障の手術

加齢黄斑変性:視力の中心(黄斑部)に障害がおき、ものがゆがんで見えます

加齢黄斑変性とは? 加齢黄斑変性の症状 加齢黄斑変性の検査 加齢黄斑変性の治療

糖尿病網膜症:進行した場合は失明に至る、重大な病気です

糖尿病網膜症とは? 糖尿病網膜症の症状 糖尿病網膜症の検査 糖尿病網膜症の治療

飛蚊症(ひぶんしょう):視野の中に浮遊物が急に現れたら要注意

飛蚊症とは? 生理的な飛蚊症 注意が必要な飛蚊症 飛蚊症の治療

網膜剥離:黄斑部の中心窩まで剥離がおよぶと、急激に視力が低下します

網膜剥離とは? 網膜剥離の症状 網膜剥離の治療

子供の目の病気:小さい子供は症状を訴えないので注意が必要です

斜視 弱視 不同視 先天性白内障 先天性緑内障 プール熱 ウイルス性角結膜炎 ものもらい

その他:あまり知られていませんが気をつけたい病気です

翼状片 眼瞼痙攣 眼瞼下垂 鼻涙管狭窄・閉塞 角膜真菌症 網膜静脈閉塞症
網膜動脈閉塞症 一過性黒内障 黄斑上膜 角膜ヘルペス 網膜細動脈瘤 強膜炎
涙嚢炎 電気性眼炎 逆さまつげ

眼の検査:異常の原因を詳しく調べ、病気を予防して治療に役立てます

視力測定 視野検査 細隙灯顕微鏡検査 眼底検査 眼圧検査 シルマーテスト 網膜電図

目によい栄養素:目の疲れを回復したり、視力低下を防ぎます

ビタミンA ビタミンB ビタミンC ビタミンE カルシウム ルテイン アントシアニン アスタキサンチン

レーシック:眼内の屈折率を矯正し、視力を回復させる手術法です

レーシックとは? 手術前の適応検査 レーシックを受けられない人 手術の進めかた